乳酸菌サプリ

動物性と植物性の乳酸菌の違いについて

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれているものを思い浮かべる人が多いと思います。
しかし実際には、その全てを把握するのが難しいほどにたくさんの種類が存在するのです。
主に植物性と動物性のものの二種類に分かられます。この二種類は、生息している場所や働き方がそれぞれ異なってきます。
植物性のものはその名前の通り、主に植物に含まれています。大豆が原料となる醤油や味噌、米から作られる日本酒などやキムチやぬか漬けなどの漬物類など日本人が古くから慣れ親しんだ食品に含まれています。
これらに含まれる乳酸菌の特徴には、以下の点があります。
まず1つ目は、他の細菌などとともに共存する能力があるため、胆汁酸や胃酸などの分解されやすい物質によって簡単に分解されることがありません。このような過酷な条件下でも生き残ることができる為、生きたまま腸まで届き栄養効果も期待できます。
植物性乳酸菌が腸に届くと、通常10倍もの整腸作用があることが知られています。
2つ目は、米などの穀物や野菜などの植物から得られる糖分という成分で体の中で増加することが出来ます。
果物に多く含まれる果糖や麦芽糖、ブドウ糖などの養分で増えるのです。
野菜などを摂取する事で乳酸菌だけでなく、食物繊維も同時に摂取することができるため腸内環境の改善に期待ができます。
動物性のものは、主にチーズや牛乳、ヨーグルトなど私たちがよく知る食品に多く存在しています。
特徴は以下の通りです。
まず1つ目は、他の細菌と共存することはなく、単独で生きるという特徴があります。そのためこれらを含む食べ物を摂取しても、胃酸に弱いためそのほとんどが腸まで届かずに分解されてしまいます。
だからと言って効果が無いわけではなく、胃で死滅してしまったものでも善玉菌のエサになったり、免疫力を向上させる重要な働きが期待できるのです。
さらに直接腸の中を刺激することで免疫力のアップだけでなく整腸作用も高める効果があります。
2つ目は、乳糖を養分として増加する事です。体の中で乳糖を乳酸に変えます。

このように生存方法や養分の違いなどがありますが、どちらか一方を偏って摂取するのではなくどちらもバランスよく摂取することが大切です。
植物性の漬物やヨーグルトなどの動物性乳酸菌を意識しながらバランスよく、毎日の食事に取り入れることで悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることが出来るのです。