乳酸菌サプリ

ヨーグルトなどの食品やサプリでも内臓脂肪を下げる効果のあるガセリ菌を摂取できる

ヨーグルトは昔から体に良い食品として、たくさんの人から食べられてきました。普段から食べている人も多いでしょう。お通じをよくするため、カルシウムをとるためなど、健康のために食べる人が多いです。最近ではインフルエンザなどにも良いとニュースなどで紹介されたこともあります。さらに最近ではダイエットにも良いということが分かってきています。
パッケージの表示にビヒィズス菌やガセリ菌SP株使用などの表示がありますが、ヨーグルトは元になる菌によって種類が異なります。その中でもガセリ菌は内臓脂肪の貯蓄を抑制してくれます。この菌は主に小腸で生息し、大腸を中心に生息するビフィズス菌とともに、悪玉菌を抑えて腸内環境を整える善玉菌です。もともと人の体の中に存在する菌ですので人間との相性が良く、中でもこの菌は日本人の腸内に多く存在するため、日本人に合っているといえます。
この菌が内臓脂肪を減らす効果がある事はしっかりとした研究結果がでています。2009年、日本乳酸菌学会の研究グループが行った研究で、肥満傾向にある人が12週間摂取し続けた結果、内臓脂肪や体重の減少が確認できました。
ガセリ菌の効果は内臓脂肪減少だけではありません。私たちは仕事や生活の中で少なからずストレスを感じながら生きています。この菌はコレステロール値の低下作用や、免疫力の強化などストレス社会で生きる私たちにはとても良い効果があるといわれています。
ガセリ菌が健康に良いことは明らかですが、やはり効果を得るためには継続して摂取し続ける必要があります。方法としては、食品から取る方法と、サプリメントで取る方法などがあります。
ヨーグルトや飲料は非常に取りやすいといえます。たくさんの種類がありますし、食後のデザートとしてや、おやつとしていつでも簡単に摂取できます。家族みんなで習慣的に食べれば続けやすいです。
ヨーグルトなどではなくサプリメントでガセリ菌をとることもできます。この場合、ヨーグルトよりも比較的簡単に毎日継続してとることができます。日本人は他の国の人と比べて遺伝子上、乳成分の分解酵素を持つ人が少なく、牛乳でも飲むと下す人がいます。カロリーもヨーグルトを毎日摂取するとなると大変気になります。このようにヨーグルトが苦手な人や、カロリーが気になる人でも簡単に摂取できる方法といえます。さらにサプリだと賞味期限をそこまで気にすることはなく、常温でも保管できます。