乳酸菌サプリ

便秘の腸内環境を変えるには生活習慣と食べ物の改善・乳酸菌サプリメントの利用がおすすめ

日本人は、老若男女問わず便秘や腸内環境の悪化に悩まされる事が多くなっていますが、それは食べ物や日常生活を始めとした生活習慣が以前とは大きく異なるようになったからです。高度成長期以前の日本人の生活スタイルは体を動かす仕事が多かったために腸内の蠕動運動を刺激する行為を自然と行っていました。しかし、現代の日本人の生活スタイルは体をあまり動かさないようになってしまったので、腸内の動きが不活発になる事で便秘を誘発させる流れになりました。更に、大便のかさを増やして便通を改善させる働きのある食物繊維の摂取量が大幅に減ってしまった事も便秘の原因になっており、本来は1日で18g前後摂取しなければいけないところを、平均で15g前後という摂取量の低さにとどまってしまっています。

 

便秘を改善するには、日常で出来る軽い運動を取り入れる事と食生活改善の二本柱で行う事が必須となっており、運動に関しては腸を刺激するためにウォーキングやダンスを始めとした有酸素運動と、腸の動きを活発にするためのおなかのマッサージや起床直後に常温の水をコップ一杯飲むと便通改善に効果が見られる事が多々あります。
食生活は、食物繊維を20g程度摂取するのが望ましい事から、主食が白米・食パンにしている事が多い方は、食物繊維が豊富な大麦類を始めとした雑穀類・全粒粉が配合されているパンに切り替えるだけでも20gの摂取量に近づく事が出来るでしょう。麦飯の臭いが気になる場合は、白米に近い状態に加工された大麦を活用すれば無理なく食べられるので、食習慣改善を始める際は白米の比率を高めにして炊くのがお勧めです。
主食の変化に加えて、元来から食べる習慣のあった豆類・野菜類を積極的に食べる事も便秘改善につながりますので、納豆・煮豆・根菜類や昆布が多めの煮物といったメニューを導入する事もおすすめです。味噌汁を普段から飲む機会の多い方は、乾燥わかめ・切り干し大根といった乾物類を入れると無理なく食物繊維が増やせるので有効活用しましょう。

 

腸内環境を良くするには食物繊維の摂取だけではなく、乳酸菌が豊富な発酵食品の摂取もお勧めであり、漬物・甘酒・ヨーグルトといった食品を加えると良好な腸内環境に変化する事が出来ます。乳酸菌食品が苦手な方は気軽に摂取する事が出来るサプリメントを活用するのも良く、複数のサプリメントを購入して自分の体に合っているかの確認をする事も大切です。